インプラントでわかる経済学

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯とくらべると、硬くて劣化しにくい特性があるようですが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。当然、一つ一つの義歯の制作には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあるようです。しかし、訳として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではないんです。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、他の歯科治療とくらべても費用がかかることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあるようです。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあるようです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行ない、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分きき入れて治療をおこなえます。
それから、治療後には、メンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)を定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用がつづくことを期待できるはずです。

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれをくらべ、治療をはじめても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。
麻酔の効き方を確認しながら埋入手術をはじめるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあるようです。

頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。毎食後に磨きのこしがないようブラッシングしてプラークコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)に注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

検査から治療後のメンテナンス(整備や保守、点検や手入れなどのことをいいますね)まで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯とくらべればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

手術の前後には各種の処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療をとおした費用はおもったよりの額になります。これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。